札幌の昔懐かしい駄菓子屋ぽこぺんは宝探し気分!

札幌市北区にある駄菓子屋さん「ぽこぺん」

石狩街道から一本中道にそれた住宅街の中にあるこのお店は駄菓子屋おもちゃの卸売り屋さん。

そんなぽこぺんに行ったのでお店の様子をご紹介します!


ぽこぺんは住宅街の片隅にひっそりとあります!

店名

景品玩具卸問屋 (有)ぽこぺん

住所

札幌市北区西茨戸1条1丁目2-11

営業時間

4月~11月はAM10:00~PM18:00 12月~3月はAM10:00~PM17:00

定休日

日曜日・祝日

電話番号

011-771-2725

ぽこぺんは基本卸売りのお店です!

ぽこぺんは店名にもある通り基本的には卸売りの会社です。

夏場やイベント前後のお店は仕入れの業者さんなどで一般のお客さんは入店も断られるとの情報もあります。

なので行く前に一度電話をしてお店の状況を確認しましょう。

我が家もお店に行く前に電話をしました。以下その電話でのやりとり・・・・

プルルルルっ ガチャ

自分「もしもし?本日は一般来店は可能でしょうか?」

お店の人「こども何歳?何人でくるのさ?!」

自分「子供は二人で小3と小1です。」

お店の人「小さい子に来られてだらだら居座れてもこまるんだよねー!」

自分「もちろん保護者同伴で10分程度で帰りますよ。」

お店の人「それならいいよ!」ガチャっ!

・・・・・・・かんじ悪ーい!笑

けどOK出たからレッツゴー!

(あとで店に到着後この感じ悪さはすぐ払拭されます。笑)

お店に到着。外観はこんな感じ。

お店の前でなにやら作業中の人を横目に店内へ・・・・・

ガララッ

お店の人「さっきの電話の人?!子供はココだけ、奥には行かせないでね!」

自分「はーい」と言いつつ店内へ・・・・

わーすごい!文字通り店内は商品が山積みです。

お店自体は倉庫を兼ねているようですべての商品がどっさり積んであります。

駄菓子の小売りの種類はそれほどありませんがとにかく商品の種類と数がすごい!

子供たちはレジの目の前にある駄菓子コーナーで遠足用のお菓子を物色中・・・・。

するとさっきの口悪い(失礼)おじさんから親は店内を歩き回ってもいいよ!とのお言葉が。

お言葉に甘え店内を物色させてもらうとここからさっきの口悪い(たびたび失礼)おじさんが一気にきさくなおじさんに早変わり!笑

景品玩具卸の名前の通り駄菓子のほかにもお祭りのくじ引き屋台で景品になっているものやいろいろなお店のイベントなどで配られるようなおもちゃがたくさん!しかも全部ほぼ原価なんです!

購入した商品の一部がコチラ

1、お祭りでよく見かける電球型のボトルのキラキラ光るやつの筒バージョン(今年から屋台で並ぶ新作らしい)1個200円

2、割と本気の縄跳び195円

3、シャボン玉90円

まぁどれを手にとってもおじさん(おそらく社長)が原価と販売価格の説明をしてくれるもんだから全部ほしくなっちゃう!

このほかにも今回は花火(これも激安!)を購入しました。

結局お店には30分以上滞在しました。

ぽこぺんは駄菓子目当ての子供にも喜ばれるけど、おもちゃや雑貨が原価で購入できるため大人にはかなり危険です!

気づいたらカゴが満杯!買いすぎました。

最初は一般客はあまり来てほしくないオーラ出しまくりだったおじさん(たぶん社長)も帰りには

「ありがとー、また来てねー」だって。笑

近いうちまたおじゃましまーす!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です